Language

製品情報

加速度センサ

校正(トレーサビリティ)

加速度センサのトレーサビリティ体系

お客様に最良の状態でご使用いただくために、国家標準とのトレーサビリティを保証した厳重な品質管理を実行しております。仲介標準センサはレーザー干渉法により年1回、常用標準センサは比較法により2カ月に1回の校正を行い、校正システム全体を管理しています。

富士セラミックスの校正方法[比較法]

校正証書

富士セラミックスでは加速度センサ個々に「出荷試験成績書」を添付しています。「出荷試験成績書」にはセンサの製造番号、感度、絶縁抵抗、100Hzから60kHzの周波数特性チャートなどが、記載されます。

  1. 1Hzから100Hzまでの周波数特性チャートが必要な場合は、別途オプションとして承ります。
  2. 3軸加速度センサの場合は、Z軸方向のみのチャートになります。
  3. 英文も用意しています。

出荷試験成績書

  • トレーサビリティ校正証明書(日本語のみ)
  • お使いの加速度センサを定期校正に出される際に、「トレーサビリティ校正証明書」を必要とされる場合は、その旨を事前にお申し付けください。センサの校正に使用した機器自体の校正証明書等を添付した「校正証明書」を発行いたします。
    一般的な定期校正をご依頼の場合は、「出荷試験成績書」のみの提出となります。