Language

製品情報

フォースセンサ

アンプ内蔵型圧電歪みセンサ

圧電型歪みセンサは、プレス機などのフレームに取り付けて表面歪みを測定することで、プレス荷重の変動を間接的にモニタするセンサです。

特徴・用途

  • 低価格
  • 動荷重の間接測定
  • 動的歪みの測定
  • プレス荷重のモニタリング
  • ボルト一本で簡単取り付け

仕様

使用方法

プリロード用ジグの推奨仕様

被測定物の設置面を仕上げて(※下記参照)、センサを付属のM6ネジで締付固定します。
圧電型歪みセンサには検出方向があります。被測定物の歪み方向に合わせて設置方向を調整してください。

※設置面の仕上げ(推奨値)プリロード用ジグの推奨仕様

ラインドライブ型定電流電源の回路例

関連製品/ 3チャネル定電流電源 CCPS-3A